先日、ちかっぱち編集長と置賜方面へ桜巡りの旅に出ていた時のこと。

め丼  「長井市に土偶がたくさんいる場所があるのよ」
ち編  「マジですか?!土偶に会いたいー!」

ちかっぱち編集長の土偶愛が止まらないため、土偶に会いに行ってきました。

土偶はここにいる

土偶がいる場所は、長井市の草岡地区にある『古代の丘縄文村』
西根小学校から車で5分ほど行った所に縄文村があります。
とても広い縄文村には、古代の丘資料館や、長者屋敷遺跡、
太陽の広場や釣りができる灌漑用の堤などがあり、縄文の香りがプンプンします。
土偶に会える場所は『土偶広場』。そのままー!分かりやすくていいです。

土偶発見!

出た!土偶!うわー!何体もいる。
でかい!でかいぞ土偶。
数えると小さいのから大きいのまで15体もおります。
土偶って、博物館とかに展示されてて、大きくても30cmとかじゃあ・・・。
そんなの関係ねぇ。ってぐらいにでかいです。

一番奥の大きな「遮光器土偶」は3mぐらいあります。存在感ハンパないっす。
この土偶をみると、「ドラえもん―のび太の日本誕生―」を思い出します。

さっそく写真を撮るちかっぱち編集長。
いろんな角度から何枚も撮る姿、土偶愛がハンパない。
ちかやま紀信になっております。

さらには土偶になりきる編集長。
もうどこにいるかわからねぇっす。

楽しくなってきた!

ひと通り土偶と戯れると、楽しくなってきました。
テンション上がって、土偶と化して撮影することに。

DOGUユニット結成。

なんとも言えぬ、DOGUさんのかわいい表情。

油断していると、背後にちかっぱち編集長。
たのすぃ~。ふっふ~。

花より土偶

こんなにもたくさんの土偶を一度に見る事が出来るなんて・・・。
縄文の謎、土偶。。。土偶はその名の通り、人型をした土の焼き物。
姿かたちはさまざま。よく見かけるのは、乳房や臀部・腰まわりを強調した女性らしい造形です。
その意味にはさまざまな説が出ていますが、それが何なのか、正体不明で謎な所がまた、魅力です。
Oh~ミステリアス土偶。

かなり楽しい土偶との遭遇

土偶広場かなり楽しめます。
土偶広場の土偶は、プラスチックのような素材でできていて、
肩を組んだり、並んでみたり、声をかけたりいろんなアプローチが出来るところが良いところ。

もう少し緑が増えたら、土偶に会いにまた来よう。
土偶と一緒にお弁当を食べよう。


The following two tabs change content below.
めぐどん

めぐどん

説明する時に擬音が多い。物を投げる時は「しゅっ」と言います。最近は「あれ」「それ」「これ」「そこ」だらけです。「そこであれをそれしてこれする」これ擬音じゃない・・・。
めぐどん

最新記事 by めぐどん (全て見る)

スポンサードリンク