ひとつのものが、人生を楽しく豊かにしてくれることがある。
もちろんそれは万人に当てはまるわけではないけれど、でも確かにいくらかの人達の人生を豊かにし、笑いと楽しい時間を生み出してくれるものになる。
それを教えてくれたのが、長井にある木のおもちゃとボードゲームのお店、kimi(キミ)。

kimiは長井駅からすぐに発見できます
カタカタと落ちてくる音や見た目が楽しい。小さなお子さんへのプレゼントに良さそう💗
海外のカラフルでデザイン性も高いおもちゃたち。インテリアとしても美しい仕様⭐

1Fはカフェ、2Fがkimiの店舗になっているこぢんまりとしたお店。
明るく光が差し込む店内、階段を上がって2Fへ。
白い壁と木の窓枠や棚のあるスペースに、色とりどりのおもちゃやボードゲームが並べられている。
おもちゃも、ボードゲームのパッケージもデザインがしゃれているので、見た目だけで欲しくなってしまう。

実はこのお店を訪れるのは2度め。
前回来たときに、いくつかおすすめのボードゲームを紹介してもらい、かつ一緒に遊んでもらった。他にお客さんが居なかったこともあり、数種類やらせていただいたのだけど、どれもが

「たまらなく楽しい!(*°∀°)=3」

すぐにハマってしまい、その場で一つ買って帰った。その後も(ほんの少し)買い足して、数種類のボードゲームを楽しんでいる。
さてこのボードゲーム、楽しんでいるのは私だけではない。小学校の子どもから、いい年をした大人までみんなでワーワーいって楽しめる。これほんと。
昨年遊びに来た甥っ子たちも、毎日必ずボードゲームで遊んだ。
我が家にはTVゲームはないので、代わりのツールがボードゲームだったのだけど、最後まで飽きる様子がなかった。
何よりも私達も一緒になって遊べるので、TVゲームにありがちなお互いに対する"置き去り感”がなかった。

ボードゲームは、みんなで楽しい時間を共有できるゲーム。相手の普段見れない一面(戦略🎯や感性🍏、ズルがしこさ😜や思いやり💗、たまに絆😊)を見ることができる。

オーナーの船山さん曰く、
「大人も子どもも、お互いが無理なく楽しめる存在」とのこと。
両者が楽しいって、こと対子どもの場合だと簡単ではないことが多い。でもボードゲームなら可能になる🌅

おじいちゃんおばあちゃん世代から孫まで、世代を超えて楽しめるコミュニケーションツールのお宝が、このお店にざくざく詰まっている。

見ているだけで楽しいゲームの数々

オーナーの船山さんは実はフォトグラファー、デザイナーでもある。
その他にも、長井でイベントを企画・運営もこなすマルチなお人。
「楽しそうですね〜」と言うと、「楽しいことしかしないから」ときっぱり。
このワクワクを求めるスピリットの持ち主が、おもちゃとゲームでできた“小さな城”の城主なのだ。

オーナーの船山さん。柔和な表情の奥に、楽しい!を求める情熱がパチパチ🔥

店名の「kimi」の由来を聞くと、「おばあちゃんの名前」とのこと。
このキミおばあちゃんのおかげで1Fのカフェのオーナーさんと親戚であることが判明し、なんだかんだで一緒にお店をはじめるきっかけになったそうだ。
キミおばあちゃんが世代間をつないだこの話、ボードゲーム屋さんにうってつけのワイルドカード🃏的なエピソードだと思う。

長井に行くことがあったら、今の生活に+αのヨロコビを加えてみたいなと思ったら、このお店に足を運んでみてほしい。
人生をちょっぴりワクワクさせてくれる、自分にぴったりな“遊び”がきっと見つかると思う。

petit aya

 

------------------------------------

kimi(キミ)
山形県長井市栄町1-6 2F
TEL 0238-87-0666

URL➡(click!)
(ネットショップ有り)
Facebook➡(click!)

 


The following two tabs change content below.
petit aya

petit aya

ちびっこい体で置賜をうろついています。 好きなものはおもち。おいしいお団子やおもちに出会うと買ってしまわずにはいられない。 つまり置賜はおいしいワナでいっぱいってこと。
スポンサードリンク