そうだ!川西町へ行こう。

会社で偶然こんな絵本を発見した。

NHK総合テレビで放送されていた「ひょっこりひょうたん島」幼少期の思い出の片隅に残っている大好きな人形劇の番組

「泣くのはいやだ、笑っちゃおう」の歌詞は耳に残る素敵な歌。

え?あのひょっこりひょうたん島の作者の一人、井上ひさしさんの故郷は川西町なの!?

これを知った時は衝撃的であった。さて、そんな井上ひさしさんの故郷である川西町を行ってみようではないか。

午前10時 羽前小松駅駅着

羽前小松駅。ここではレンタサイクルを借りることができる。よって、ちかっぱちも借りることに。

が、しかし。

「まだ、お貸しできません。」っとあっさりと断られてしまった…

ちゃんと調べてきたのに…4月から11月の間って書いてあったのに!! 出鼻をくじかれてしまったが、泣くのはいやなので、笑ってみた。

羽前小松駅レンタサイクル

《期間》4月~11月 《台数》5台 《料金》有料 《時間》9時~18時(平日)、9時~16時(土・日・祝) 《電話》えき・まちネットこまつ 0238-42-2533

 

川西町はなんだかほっとする風景が多い。

 

10時15分 川西町フレンドリープラザ

羽前小松駅から徒歩5分で川西町フレンドリープラザに到着。この施設には「遅筆堂文庫」があります。

 「遅筆堂文庫」は1987年(昭和62年)、井上ひさしさんから寄贈された蔵書7万冊をもとに開設。

現在では、資料22万点(2010年現在)を収蔵している。この遅筆堂文庫を核に、劇場と川西町立図書館を併設した複合文化施設「川西町フレンドリープラザ」が完成したのです。

急な押しかけにも関わらず、快く対応してくださいました。ありがとうございます。

 

NPO法人遅筆堂文庫プロジェクト(川西町フレンドリープラザ内)
〒999-0121 山形県東置賜郡川西町大字上小松1037番地1
《電話》0238-46-3311 《FAX》0238-46-3313

川西町立図書館 遅筆堂文庫

どきどき。早速中へお邪魔します~。

奥には遅筆堂文庫がある

奥に遅筆堂文庫があります。本には付箋やメモが残っています。 

壁にはひょうたん島の仲間が描かれていたりして、この空間にいるだけで楽しくなります。

10時45分 天神森古墳

川西町フレンドリープラザの北側に、天神森古墳という古墳があります。

古墳時代前期後半のものと推定される前方後方墳。大きさは、全長約75m、高さ約4.2m、前方部幅約51m、後方部幅約12m

天神森古墳

雰囲気が出まくりで中まで足を踏み入れることができず…。

遠くから古墳と記念撮影をしました。(自撮)

 

絶対あやしい人だよね…これ…(自爆)

11時 パリドールサノ ダリアパンを食べる!

パリドールサノ ダリアパン

一度食べたら、もう虜!

川西町のローカルフード「ダリアパン」を購入しました。

川西町は日本一のダリア園がある町です。そのダリアに因んだダリアパン。パッケージにもダリアが。パンの形もダリアです。赤い苺ジャムと、そぼろが絶妙が中のあんこによく合います。

牛乳と一緒に食べれば、さらにおいしいですよ。

 

《住 所》川西町上小松3495
《営業時間》8:00~19:00
《定休日》日曜日

 

パリドールサノ ダリアパン

ダリアの形!

パリドールサノ

お店もいい感じ!

ドンガバチョ 壁画

ドンガバチョ

町内のシャッターや壁にキャラクターが隠れていました。

11時20分 さっぽろのボリュームたっぷり焼きそば!

さっぽろ

川西っ子に聞いた名店

街歩きをしていたらおいしくてボリュームのあるものが食べたくなりました。

そこで、チョイスしたお店がこちら「さっぽろ」です。

ここの焼きそばがおいしいとの情報をいただき、早速注文しました。

 

とにかく。おいしくてすごいらしい…!!

 

《住所》川西町大字上小松3145
《電話》0238-42-4821
《営業時間》11:00~15:00
《定休日》不定休

なんというボリュームでしょうか…!?二人前は軽く超えていそう。これで普通盛りなんです!男性には嬉しいボリューム。

麺は中太ぷりぷり。若干縮れているところが特徴です。

味の方はというと、濃すぎず薄すぎず、飽きのこないソース味。ほんのり酢のすっぱみがあります。なので、恐ろしいぐらい、するするっと口に入ります。スープはラーメンのスープでしょうか。こちらもおいしい!

一緒に食べると味が濃くなってしまうので、ひとつずつ完食するのがおすすめです。

店内には、常連さんと思しき男性のお客様が。皆さんお一人でこられていました。人気はやっぱり「焼きそば」のようです。

わたくし、女性でありますが、焼きそば…完食しました(笑)お店の方にびっくりされました。ふふ。

とってもおいしかったです!気さくなお店の方々で楽しく食べることができました。

さっぽろ 焼きそば

この迫力!最高です。

さっぽろ店内

テーブル席と椅子席があります。女性ひとりでも入りやすいよ。

12時20分 ひょっこりひょうたん島 ミニ資料館 わたや商店 

川西町にはひょっこりひょうたん島の“ミニ”資料館が商店街に存在します。ひょっこりひょうたん島のレアグッズから、昭和の資料が各お店に展示してあります。

わたや商店さんにはサンデー先生のお人形があります。また、会社で見つけた絵本も展示してありました。この絵本、貴重なものだそうです。

お米・灯油を販売しているわたや商店さんの昭和の資料がとても興味深いものが沢山ありました。ひとつひとつ説明もしていただけて嬉しかったです。

急に訪ねてすみません。ありがとうございます。

 

《住所》山形県川西町上小松1776
《電話》0238-46-2307
《FAX》0238-46-2170
《営業時間》8:30~19:30
《定休日》日曜日

わたや商店

ちらっとサンデー先生が見えます。

わたや商店 グッズ

会社にあった絵本が飾ってあったよ!

わたや商店

ランプやそろばん、帳簿等々 時代を感じることができる品々が沢山ありました。

12時40分 佐藤スタジオ

佐藤スタジオ ハカセ

佐藤スタジオ

ちらっとハカセ

続きましては佐藤スタジオさんへ。写真屋さんです。

ここでは、ハカセくんが川西の商店街をじっと見つめておりましたよ。

ローカルな写真屋さんって素敵だなぁ。なんだかドキドキしました。

もっとお話しが聞ければ良かったのですが、お忙しく作業されてらっしゃいましたので断念!

写真の許可をいただき、ありがとうございます!

 

《住所》川西町大字上小松1757-1
《電話0238-42-3061
《営業時間》08:00-19:00
《定休日》毎週日曜

13時 酢屋吉正 

ここにはダンディがいるとの情報をGETしていたのですが、社長様不在のため店内・外観写真ともにNGでした。

急に押しかけてすみません…

決して怪しいものではありませんので…怪しまないでください…。

皆さんは電話をかけて会い行ってくださいね。

 

13時5分 羽根田酒店

羽根田酒店

ちょこんとトラヒゲ

純米大吟醸 虎髭

純米大吟醸虎髭

中にはおいし~いお酒が入っているのだとか!

羽根田酒店さんでは、トラヒゲの人形が飾ってあります。

お店の方がとても美しくてどきどき。優しく色々なお話をしてくださいました。

山形県内の地酒・川西町内地酒、焼酎などを取り扱っており、お酒好きの私は大興奮(笑)

羽根田酒店さんにはトラヒゲに因んだオリジナル商品【純米大吟醸 虎髭(トラヒゲ)】が置いてあります。

商品が完成してまずは100本をつくって番号をふったそうです。その1番を井上ひさしさんへプレゼントをしたのだと教えていただきました。普段写真を撮りたがらなかったという井上ひさしさんがニコニコ笑顔で写っている写真が店内に飾られていました。 

ざぞかしこの【純米大吟醸 虎髭(トラヒゲ)】が嬉しかったのでしょうね。

 

また、昭和の資料として昔の酒蔵名や酒名の入ったとっくりが飾られています。町内の皆様のご協力もいただきながら今の数が集まったそうです。瓶がない時代はこのとっくりをもって酒屋さんに買いにきていたんですね。

昭和10年頃の川西町には9軒の酒屋さんがあったそうです。

羽根田酒店さんありがとうございます! 

《住所》川西町上小松田町2384 [地図]
《電話/FAX》0238-42-3047
《営業時間》8:00~21:00
《定休日》特に無し

 

羽根田酒店 トラヒゲ

いい顔しています! 看板息子だね。

羽根田酒店

昔のとっくりが並べられています。見ごたえあり!

羽根田酒店

店内には羽根田酒店さんおすすめのお酒がずらぁ~。

13時20分 サトー屋菓子店

ちょっと寄り道して、サトー菓子店さんへ。

バタどらで有名なお菓子屋さんです。お土産購入~

お店の前のライオンが気になります。

 

《住所》川西町大字上小松1797
《電話》0238-42-2023
《営業時間》7:30~19:00
《定休日》火曜日

13時40分  肉の斎藤

肉の斎藤

肉の斎藤

貴重な品が見れます。

最後の目的地。肉の斎藤さんへ

テレビやラジオなど様々なメディアから紹介されている「米沢牛 牛賜ぎゅうたま」のお店です。店内には有名人の写真やサインが飾ってありました。

店内にはおいしそうなお肉がケースに並べれれております。

二階には焼肉、すき焼き、各種肉料理の味斎(あじさい)がございます。

ここにもトラヒゲの人形が。わざわざ外へ出してくださいました。

 

昭和の資料としては、昔の貴重なカメラ等が展示してあります。町内の方が持ってきてくれたものもあるのだとか。町のあたたかみを感じますね。

旦那様が快く様々なお話をお聞かせくださいました。お忙しいところ、ありがとうございます。次はお肉を食べにお伺いしたいです。

《住所》川西町上小松1792 
《電話》0238-46-2257
《FAX》0238-46-2957
《営業時間》9:00~18:30
《定休日》火曜日

焼肉すき焼き味斎
《営業時間》12:00~14:00、18:00~
《定休日》火曜日

肉の斎藤 トラヒゲ

季節ごとに衣装チェンジしているオシャレな看板息子

肉の斎藤

新鮮なお肉が並んでいます。

14時20分 ふたたび羽前小松駅へ

川西町の皆様はあったかい!

ずっとまわってみたかった川西町。なんでこんなにも優しいんだべ?って考えてしまうほど、皆様にあたたかく迎えていただきました。(アポなしでやってきたのにね…すみません。リアルが欲しかったのです。)

取材させていただいた日は4月9日だったのですが、実はこの日は井上ひさしさんの命日だということを川西町フレンドリープラザで教えていただきました。

天気のいい日に行きたいなぁなんて、無意識に選んだ日付でしたが、もしかしたら井上ひさしさんに導かれていたのかもしれません。

 

【朗報だよ~~】

5月5日の子どもの日に毎年恒例行事「ひょうたん島スタンプラリー&こどもフェスタ」が開催されます。

ひょっこりひょうたん島ミニ資料館等を巡って、スタンプをゲットする楽しいイベント!大人も楽しめる内容ですので、参加してみてください~!

きっと川西町が好きになるよ(*´σー`)

 

 

(そういえば、ドンガバチョ人形忘れてた?!)

 


The following two tabs change content below.
ちかっぱち

ちかっぱち

ライター兼meets8編集長 ぐずらぐずらしています。
ちかっぱち

最新記事 by ちかっぱち (全て見る)

スポンサードリンク