きてけろくんって可愛いね。

今年、平成26年6月14日から9月13日まで開催される山形デスティネーションキャンペーンのマスコットキャラクターの「きてけろくん」。

顔だけのゆるきゃら出現に気になっていた。

デスティネーションキャンペーン(DC)とは、地域の観光事業者や地方自治体がJRグループと連携して行う日本最大規模の観光キャンペーンらしい。

・・・といっても、DC?なにそれ。という状態の人も多いのではないだろうか。

そこで、小さな山形DC促進運動をしてみよう!と考えた。

きてけろくんを作ろう!

促進運動のパートナーの「きてけろくん」をフェルトで作ります!

 

まず、型となる画像を公式HPから印刷。
今回は帽子のサクランボが桜の花になっていた春バージョンのきてけろくんを使った。

きてけろくんと足をチョキチョキハサミで分断します。

その型にそって、フェルトにボールペンで枠をとり、切り抜きます。

口の形は、その部分に切り込みを入れて線を引きました。目の場所もつけておきます。


口は刺繍糸4本分(2本を重ねた)を使って口の形に縫っていきます。

目は丸いビーズを使ってみました。足は本体にいれこむので、少し長めに作っておきます。

セリアに行ったら、黒がなく、茶色しかなかったので、ちょっと外人風の目になりました。

重ね合わせて足の部分も入れ込みながら周りを縫っていきます。

手に当たる部分は、黒いゴムを入れて、バックに取り付けられるようにします。

ある程度縫い終わったら、綿を小さくちぎりながら押しこみます。

ちょっと多めに綿を入れた方がころころして可愛い感じがします。

本体が出来上がったら、帽子作りです。

これも型を基準に作っていくのですが、少し大きめにと思いながらカットしていったら、

出来上がりが・・・

大きすぎた。しかも、帽子のつばがほぼないので、ベレー帽状態・・・。

失敗。作り直し。

今度は、つばを広めにとって、頭が入る部分に切り込みをいれます。

帽子の部分も前回より小さく、頭より少しだけ大きい大きさで作ります。

作成中、針山代わりにきてけろくんにこんな感じに針をさしていたら・・・・

針が折れた!!

モアイ・・いや、きてけろくんの呪いでしょうか。

かっこいい帽子を作るから許してくれ!と心で念じます。

 

つばと帽子を縫いつけていきます。

いい感じに帽子らしく立ちました。

お出かけ用のスーツケースも適当に作りました。

ペロリンもつけました。黒目が埋まって片目が白目向いてて気持ち悪くなってしまった。

帽子に、頭をぐいぐい押し込みます。

帽子と本体を縫いつけてくっつけて完成!

結構かわいくできました。

おでかけのバックにつけてもよし!

子供の保育園のバックにつけたら、園児がぐいぐい引っ張りながら「きてけろくんだ~」と言ってくれた。

興味を持ってもらえたから、促進運動してる気になった。

★おまけ★

meets8のキャラクターも作ってみました。

恋ジモ(恋する地元)キャンペーンに応募してみた!

NHKで「ふるさと自慢で"あなたの地元の魅力"を全国に発信しよう!」を合言葉に、全国各地の地域の活性化を応援する新しいキャンペーンが「恋する地元(恋ジモ)キャンペーン」。

視聴者の皆さんから地元の名所・名物・町おこしの取り組みなど、"ふるさと自慢"の写真とメッセージを募集しているとの事なので、手作りきてけろくんも応募してみました!(3月27日から受付開始)

投稿写真には、「いいかも!」が押せるようなので、お気に入りの写真を「いいかも!」してみてもいいかも?

子供の保育園バックに毛糸で編んだくまモンと一緒につけました。

ゆるきゃらでくまモン人気に負けないくらいに、ビックなゆるキャラになぁれ!

顔がビックなのはゆるキャラNo.1かも?

インフォメーション

山形日和。

山形デスティネーションキャンペーンの公式サイト。

イベント情報が載っている電子パンフレットや、旅のモデルケースなども紹介されています。

ポストカード用の画像もダンロードできて、今回使ったきてけろくんの画像はここからダウンロードしました。

恋ジモキャンペーン

ここから地元自慢の写真が投稿できます。地元の良いとこ、見つけましょう!

ちなみに、山形の恋ジモサポーターは、米沢のアイドル!「Ai-Girls」です。

アイガールズのHPはこちら。


The following two tabs change content below.
めぇめぇ

めぇめぇ

天下取りの手相を持っているのが自慢です。 いつか、天下を取れるんじゃないかと思ってます。 子供と一緒に楽しめるところを紹介します!
スポンサードリンク