お久しぶりです!いーちゃんです。

記事の更新を少しお休みしている間に季節は変わり、秋を迎える置賜です。

山はもちろん、街もオレンジ黄色…。色にあふれています。

そんな今回は置賜地方の最北。村山地方に接する「白鷹町」を訪れました。

 

白鷹町・深山郷では、その技法が「山形県無形文化財」に指定されている

深山和紙

が受け継がれています。

 

深山和紙の原料は、楮(こうぞ)

楮は、葉が落ち、3mほどに成長するころ収穫。

毎年田畑の収穫が終わる晩秋の頃に、深山郷の住人たちが集まり、皆で刈ります。

収穫された楮は、長さを切りそろえ、煮窯の大きさに合わせて束ねられます。

その後、極寒の早朝から火力の強い薪の火で2~3時間蒸されます。

束ねられた楮は一束100㎏超。

ロープの力を使いながら、みんなで窯へ持ち上げます。

実際の窯。薪の火を使うためすすで真っ黒に。外は極寒だが、窯はとても熱いそうです。
楮の上からかぶせる大きな樽。これで蒸し上げます。
これを一本一本洗っていく

蒸された楮は、一本一本手作業で皮をはいでいきます。

剥いだ皮は、乾燥へ。(黒皮と言われる状態)

乾燥させた皮を水につけ、さらに皮を取り除くことで「白皮」と言われる状態にします。

白皮は雪の上にさらすことで漂白され、また乾燥させて貯蔵します。

取り出された楮は、一本一本洗われ、灰などを溶かした大釜で茹でます。(楮ねり)

茹でられた楮は、繊維を細かくするため叩かれます。

深山和紙振興研究センターには、深山和紙の制作の過程が写真付きで並んでいます。

ここまで来たらいよいよ紙漉き。

こちらで現在紙漉きを行っているのは、

深山和紙に携わって18年になる髙橋さん一人。

紙漉きが終わったら水を切り、一枚一枚乾燥させます。

こうして、丁寧に手間暇をかけた特別な深山和紙が完成です。

 

 

 

深山和紙の特徴

ノリウツギの木質部。必要な皮質部をはいだ後は、楮を蒸すための窯の薪になります。

深山和紙の特徴は、白鷹産の楮と和紙同士を重ねてもくっつかないようにする「にれ」の役割を持つノリウツギしか使わないという点。

もう一つは、漂白剤などの薬品を入れず、自然な白色に仕上げていること。暖かく柔らかい白は自然由来なのですね。

詳細な制作過程はこちらから↓

深山和紙振興研究センター

 

 

白鷹人形

深山和紙を水で濡らし、指先で縮めるように丹念にもみあげ、これを幾度も繰り返してできる「しぼ」。これを組み合わせて作られる白鷹人形は、和紙ならではのやさしさと風合いを感じることができます。

深山和紙は、ドレスや洋服、羽織袴の制作に使われたこともあるほど強いのです。

 

和紙漉き体験や和紙絵制作体験もできます

大根や米俵、フクロウも全部和紙
米沢の雪灯篭。より柔らかい。
組み合わせればこんな作品も。コサージュなども販売しています。
白鷹町の名産「紅花」のドライフラワー。中には紅花を使った和紙もあります。

深山和紙振興研究センターでは、紙漉き体験や和紙絵制作など和紙に触れあえる体験も。

深山和紙振興研究センター

住所:〒992-0776

   山形県西置賜郡白鷹町大字深山2527

電話:0238-85-3426

 

のどかな郷の熱い想いが優しく暖かい紙を作り上げていました。

いーちゃんとpetitayaさんは深山和紙の熨斗袋を買いました。

深山和紙の温かさに気持ちも乗って届きそう。

白鷹に来た際は、是非和紙にもご注目ください。

読んでくだっておしょうしな。

いーちゃんでした。


The following two tabs change content below.
いーちゃん

いーちゃん

元気にwakuwakuしながら置賜を飛び回ります。 置賜を写真で届けられるように日々修行中!置賜を切り取るぞ!
スポンサードリンク