始まりは、一枚のチラシ。
2018年グラミー賞、ベスト・ラテンジャズ・アルバム賞を受賞した人が
川西にやってくる。

しかもこの方、
かのアストル・ピアソラが率いた「ピアソラ五重奏団」の最後のピアニスト、と名打ってある
そんな人が、川西に!?

Pablo Ziegler Jazzy Trio(パブロ・シーグレル・ジャジー・トリオ)
カッコいい予感しかしない。
こりゃぁもう、行くしか無いね。ということで、行ってきました! 川西フレンドリープラザ♪

ロビーステージなので、演者との距離が近い近い!♥♥♥(*´▽`*)♥♥♥
このお値段でこの贅沢、大都会では味わえない特権です。いやほんと。

※ 写真はイメージです

19:00pm,演奏スタート。
すぐに日本ではない場所へといざなわれます。
日本のビートにはないリズム、音色、脳内がブエノスアイレスにトリップする感じ。

行ったこともないブエノスアイレスの街の活気とか、熱とか、海風やら夜明けが目に浮かぶ。

セットリストは、
タンゴとジャズをミックスしたパブロさん作の曲伝統的なタンゴ曲師匠ピアソラの代表曲など、ブエノスアイレスを中心に生まれた音楽を、一曲一曲丁寧に説明しながら演奏してくれました。
南米文化に疎い我々にとても有り難い。

パブロさんはアルゼンチンの方ですが、ウッドベースとパーカッションは日本人の方々。
この方たちの演奏もとてもCOOL!! 情熱的で、音が力強くよく響きます。
ピアノとウッドベースとパーカッション、この3つのコンビネーションがカッコいいといったら無い
CDもライブ後に買って聞いてみたけど、やはりライブとCDは同じ曲でも全く違う。
ライブでしか触れられないものって、やっぱりあるなぁ〜

結構激しい曲でも、パブロさんがけっこう冷静にプレイしているのが印象的でした。
曲が終わると日本語で必ず「ありがとうございました」と笑う笑顔もチャーミング♡

15分の休憩を間に挟みつつの2時間、アンコールにも2回応えての、サービス精神に溢れ、脳内モルヒネ満載ライブでした。楽しかった!!!

観客達も「イエーイ!」と大盛り上がり。
特にアンコールの曲ではスタンディングオベーションでした。やんややんや☆☆☆

サインもしてくれました。
つたない英語で「あなたの演奏、最っ高!!」と伝えると、あのチャーミングな笑顔でにっこり笑って握手してくれました。
分厚くがっしりとした、力強い握手でした。

こんなに気軽に、世界の一流アーティストのライブにふれることができるなんて、贅沢だな〜。

サンキュー川西フレンドリープラザ。
うん、また来よ。

petit aya.

パブロさんの演奏が聴けるYOU TUBE発見。
コンサートでも長いミロンガ、短いミロンガって、たくさんのミロンガ(Milonga)を聴きました。

ミロンガアルゼンチンウルグアイ、およびブラジル南部の音楽のジャンル、およびその音楽によって踊られるダンスの形式である(wikipedia)

 

 

 

 

 

 

 

 

川西フレンドリープラザ

山形県東置賜郡大字上小松1037−1
TEL: 0238-46-3311
URL:http://www.plaza-books.jp/


The following two tabs change content below.
petit aya

petit aya

ちびっこい体で置賜をうろついています。 好きなものはおもち。おいしいお団子やおもちに出会うと買ってしまわずにはいられない。 つまり置賜はおいしいワナでいっぱいってこと。
petit aya

最新記事 by petit aya (全て見る)

スポンサードリンク