『食堂an.』は、高畠町に昨年12月初旬に新しくオープンしたイタリア料理が楽しめるお店です。

早速扉を開けてみましょう。

食堂an.(アンドット)

「たかはた」と「イタリア」。


それぞれの場所で培われた素材を組み合わせ、


豊かなひとときをお届けできる場所へ。

(食堂an. FaceBookより引用:https://m.facebook.com/%E9%A3%9F%E5%A0%82an-356914324868168/)

扉を開けると、まず目に入るのは、

オープンキッチン。

明るい店員さんに案内されて、

しゃれた窓から陽が差し込む席へ。

木の温かさも感じつつ、洗練された雰囲気が落ち着く店内。

花や照明など細やかなこだわりを感じます。

 

今日はpetitayaさんとランチで。

前菜、焼き立てパン、パスタは3種類からお好きなものを。

ひとくち菓子に食後の飲みものも選べます。

お子様にはフルーツジュースも用意。

「食べきれないお料理は持ち帰りますか。」と店員さんの優しい声も聞こえてきたので、お子様連れでも大丈夫。

細やかな気遣いが嬉しいですね。

日替わり前菜 真鯛のカルパッチョ

ガラスの透明な器が透き通る新鮮な鯛をより美しく、より美味しく見せていました。

使用している白菜と大根は高畠産野菜。あまりの甘さにびっくり。

ドレッシングは自家製。

口にすれば、心も体も幸せ。

petitayaさんchoice『サンマルツァーノトマトとリコッタチーズ』

白の器にきれいな赤が映える、シンプルなトマトソースのパスタ。

アルデンテながらどこかもっちりとした麺に、絶妙な甘みと酸味のトマトソースが仲良く絡んでいます。

個性を主張しすぎないチーズがさらに味を格上げ。本当にシンプルな味付けだから、奥が深く、ごまかしがきかない。

素材と作り手さんが、お互いの良さを引き立てあってできているんだな、と感じる素敵な味です。(petit aya)

いーちゃんchoice『豚ひきと冬の根菜のバーニャカウダソース』※期間限定

冬だからこその根菜に惹かれて選んだこちらのパスタ。

ゴボウのフリットが香ばしくて、サクサクの食感がたまらない。

ニンジンやカブもごろっと入ってます。

オイルなのにしつこくなく、フレッシュで味自体もとってもシンプル。

オリーブオイルは、余計なものが入っていない、絞っただけのオイルにこだわっているんだとか。

焼き立てパンとお冷ボトル

オープンキッチンのど真ん中、目を引くところにはオーブンが。

焼いていたのはこの白くて丸いパン。

外はパリッと、中はフワッとモチモチ。

パスタソースにつけても、そのまま食べても良しな逸品です。

お冷やボトルまでもがおしゃれ…。

ひとくち菓子と手前がpetitayaさんの紅大豆茶(川西産)。奥がいーちゃんの紅茶。

ひとくち菓子は、自家製生チョコ。上にはきな粉がかかっています。

まったり濃厚なお味の生チョコは滑らかで、ちょっぴりビターなチョコレート。

自家製ドルチェもあるらしい。そちらも気になる。

 

お気づきかと思います。

出てくる料理、出てくる料理、すべて器がおしゃれ。

質感や、料理の映え方。

すべてのバランスがとれていて、

器も含めて一つの料理。

an.さんの料理を口にすると、調味料の味じゃなくて、素材の味がする。

あぁ~白菜甘い!おいしい!って。

素材そのものが最大限美味しいと感じる。

シンプルだけど、丁寧で、追求された味。

確かなイタリアに

確かに高畠で、

会いに行こう。

食堂 an.

 

住所:山形県 東置賜郡 高畠町 高畠410-6

電話:050-1176-7168

   予約可。

営業時間:lunch 11:30〜14:30(LO)
     dinner 18:00〜21:00(LO)
     水曜定休

FaceBookはこちら

 


The following two tabs change content below.
いーちゃん

いーちゃん

元気にwakuwakuしながら置賜を飛び回ります。 置賜を写真で届けられるように日々修行中!置賜を切り取るぞ!
スポンサードリンク