上杉伯爵邸に初めて入る!

おきたま雛回廊では、毎年「わたしもおひなさま」というおひなさま体験ができる事を知った。

この体験は、未就学児~小学生低学年向けで、米沢織の着物をはおり、おひなさま、おだいりさまになれるというものだ。

なんか面白そう~って事で、早速2014年の会場の上杉伯爵邸へ。

上杉伯爵邸は、上杉家14代茂憲(もちのり)伯爵邸として建てられ、国(文化庁)による登録有形文化財 に登録されているとの事。

上杉神社のお堀沿いにあり、現在は上杉伝統の郷土料理や米沢牛の料理が頂けたり、カフェとしても使われています。

今まで、敷居が高い気がして足を踏み入れなかったが、今回の企画があったので、ドキドキしながら入りました。

 

現代の匠のひな人形展

置賜で活躍されている作家の方々に雛人形をテーマに作ってもらった作品との事。

エントランスホールには、啓翁桜が飾られて、桃の節句を華やかに彩っていた。

正面には立派なひな壇。

珍しいこけし雛。私は初めてみた。

ゆきびな。雪だるまがお雛様とお内裏様の形で作られている様子が表現されていた。

これが一番、可愛くて私は好き!

べーっと舌をだしているのもかわいい。

他にも刺し子雛など個性あふれる作品が並んでいて、目を楽しませてくれた。

後から気づいたが、各部屋の床の間にも飾られていたらしい。

「わたしもおひなさま」体験!

空いていたおかげか、受付でおひなさま体験をしたいというと、すぐに着付けをしてくれました。

先に体験をした女の子の話だと、「お雛様の冠が難しくて、ちゃんと前を向いているのが大変なんだよ~」と教えてくれました。

姉弟でお雛様とお内裏さまをしたようで、子供たちはとっても嬉しそう。

 

着付けは、10分もかからず完成!

着せ方の手順が横に貼ってあったが、着物なので、やはり担当者でないと着つけるのは難しそうな感じ。

ワンサイズしかないので、ぶかぶかのようです。

5,6歳だとピッタリかもしれません。

米沢織で作られている着物。

とてもかっこいい。

帽子と笏を持ったら、お内裏様に変身!!

マイカメラで好きなだけ写真を撮れます。

本人も親も大満足!!貴重な体験でした。

今回はお内裏様しか体験できなかったけど、女の子なら是非お雛様を体験してほしい!!

 

体験が終わったら、お茶が頂けます。

体験ができるところの横が茶房になっていて、美味しいお抹茶が頂けます。

おひなさま体験とお茶セット(2人分)がついて500円でした。

茶房の奥、屏風の裏に体験用のスペースがあり、そこで着替えたりします。

お茶セット。抹茶かコーヒーが選べます。

ふわっとした口当たりで、後から抹茶の苦さが感じられます。

とっても美味しかった!

山形の伝統菓子「のし梅」。

甘さ控えめで上品な甘酸っぱさでした。

 

「わたしもおひなさま」体験をするには?

2014年は、小桜館(長井市)と上杉伯爵邸(米沢市)で体験ができるようです。

毎年、どこかでは体験ができるので、お見逃しなく!

私はたまたま予約なしで体験できましたが、予約をしないと体験ができないかも知れないので、お問い合わせください。

2014年2月11日(火)~2月16日(日)

小桜館(長井市)

〒993-0085

山形県長井市高野町2-7-28

開館時間/9:00~17:00(最終入館16:30)

定休日/月曜日

料金/入館料・体験料無料

ご予約・お問い合わせ/0238-88-9365

2014年2月17日(月)~3月10日(月)

上杉伯爵邸(米沢市)

〒992-0052

山形県米沢市丸の内1丁目3-60

受付時間/10:00~17:00(最終受付16:30)

休館日/毎週水曜日(4月~11月まで無休)

飲物付体験プラン/1家族 500円(体験者には1杯500円の抹茶・コーヒー券2枚付)

ご予約・お問い合わせ/0238-21-5121

 

 


The following two tabs change content below.
めぇめぇ

めぇめぇ

天下取りの手相を持っているのが自慢です。 いつか、天下を取れるんじゃないかと思ってます。 子供と一緒に楽しめるところを紹介します!
スポンサードリンク