前回の 初夏〜夏編

に続きまして、今回は秋編です。

春がくるのは遅いのに、秋がやってくるのは早い置賜地方。

風のようにやってきて、足早に去っていきます。

短い間に、ため息がでるような美しい世界を見せてくれます。

山形はそばも有名。九月頃になると、あちこちで蕎麦の花が白く可憐な花を咲かせます

雨粒が光る食用菊。ウマウマ。

黄金色に輝く稲穂。ウマウマ。

コスモスも風に揺れてます

上杉神社の参道。毘の旗はためく。

きれいに色づいた紅葉。石灯籠には雪囲い。雪の季節への準備の季節でもあります。

南陽の熊野大社の近くでは菊まつりが毎年開かれます。豪華〜。 育てた人々の気合が伝わってきます。

熊野大社にある大銀杏。神木の名にふさわしい堂々たる風格。

銀杏の絨毯。うずもれて眠ってしまいたい zzz

南陽の烏帽子山公園の紅葉。桜の名所ですが、紅葉も負けてない。

色んな色が絡みあって、燃えんばかりの朱、赤、紅。

もはやアート。

暮れゆく秋の太陽をそのまま転写したみたいな葉の色づき

地面に落ちてもなお色のコントラストで楽しませてくれる

モネ色空の奥山に白馬の騎士が表れるようになってきたら、そろそろ冬支度。

 

 

petit aya


The following two tabs change content below.
petit aya

petit aya

ちびっこい体で置賜をうろついています。 好きなものはおもち。おいしいお団子やおもちに出会うと買ってしまわずにはいられない。 つまり置賜はおいしいワナでいっぱいってこと。
petit aya

最新記事 by petit aya (全て見る)