東京暮らしから地元に戻ってきて3年目。
市外のお友達に雪灯篭まつりを案内するのも3年目です。

今年はなんと雪灯篭作りから友達が参加してくれたので、
満を持してお祭り当日、一緒に会場を巡りました。

寒さ対策をばっちしして臨む、地元民の雪灯篭まつりレポです。

昼の上杉神社

雪灯篭まつりは、まずは明るいうちから楽しみます。

お昼頃友達が米沢へ到着。
米沢ラーメンで腹ごしらえをして、いざ出陣。
一般車は会場周辺に駐車できませんので、
父のつてで知り合いのご自宅に車を置かせてもらいます。

そこから上杉神社まで徒歩10分ほど。
裏道を通ってすいすい歩きます。

神社へ入ると灯篭がずらり。
昨夜の大雪で、雪灯篭の屋根がアラビアン風に…!!

われらの灯篭を発見!
やっぱり、ぼこぼこしてる。ぬるっとしてる。

今年は山形のディスティネーションキャンペーン。
キャッチコピーの「山形日和。」をもじった「灯篭日和。」
色がかわいい。

10分も歩くと体が凍えてきますから、適度に暖を取ることは大切です。
伝国の杜へ入り、身体を温めます。

準備ができたら、お楽しみのテント村へ。
たくさんのお店が軒を連ねています。

おなかいっぱいだけど、体を温めたい。
匂いに誘われて甘酒を購入。
手袋にこおぼしちゃったけど、粕の香りが最高。そしてあったまる~!
夜は何を食べようか、予め予習して車に戻りました。

小野川のかまくら村

冷えた体を温めつつ、ぬくぬくドライブ。
小野川温泉へ「かまくら村」を見に行きました。

3個の巨大かまくらが並んでいました。
ここではラーメンやすきやきを出前してもらい
かまくらの中で食べることができます。
(かまくら村は3月15日(土)まで)

周辺には、足湯や煮玉子の販売などもあり、散策も楽しいです♪

一時休憩

食べて運動したら、そう。眠くなりますよ。
自宅に戻り、こたつに入ってお昼寝(夕寝?)タイム。
夜のための体力を温存します。

いざ、夜の雪灯篭まつりへ

夜の米沢は極寒です。毎年この時期はマイナス10度まで下がるのが当たり前。
完全防備で、父に送り迎えを頼み、神社近くに下してもらいスタート!

灯りが付いた上杉神社内はとても幻想的…
ですが、でもびっくりするくらい人がいて、結構歩くのに精いっぱい。

夜のmeets8灯篭。目立つ位置だからか、写真撮ってる観光客がいる…
いいの?これでいいの?心配になります。

まずは鎮魂の塔へ行きます。
もともとは戦没者の慰霊の為に始まったという雪灯篭まつり。
いまでもその儀式は続いています。

100円を箱に入れ、ろうそくとチケットを受け取り
階段を上ると白い鎮魂の塔が現れます。

毎年雪で巨大な塔が作られますが、今年は雪不足のため木の板でした。
火をもらい、ろうそくを捧げます。

和太鼓の演奏もあります。めちゃくちゃ寒そう!!!

ろうそくともに受け取ったチケットを渡せば
玉こんにゃくか甘酒がもらえます。

キャンドルゾーン、今年もきれいでした。

今年は「愛のハートイルミネーション」がありました。
ハートの前で写真を撮ると永遠の愛が…?とのことだったので
一応。撮っときましたよ~

創作雪像、今年の創作大賞は超力作。
たぶん、鯉を持っている米沢牛。
氷のような今年の雪、どうやってこんなにきれいに仕上げたんだろう…

灯篭の中には、米沢が誇る「有機EL」で光る灯篭も。
カラフルに光ってきれい!

「灯篭日和。」に点灯され、「きてけろくん」が浮かび上がっていました。

市内小学生による絵画作品店「ぼくの夢、わたしの夢」
カラフルな色使い、時々ぷっと笑える夢の内容…見ていて飽きません。

最後は、めしだ!
米沢牛とろべこ汁、米沢牛串焼き、米沢牛焼肉ライスバーガー、能登の蒸しガキ(なんと3個で500円!)
どれもこれもうまうま!

食事ができるお休み処は、テーブルとイスとストーブがあります。
みんなで譲り合いながら食事をし暖を取ります。

スタートからここまで1時間半。
19時半の時点でマイナス8度くらいにはなっていたでしょう。
さらに雪も降っているので、体感温度はかなり低い。
食欲よりも徐々に寒さが勝ってきます。
父にヘルプの電話を入れ、迎えに来てもらい、無事生還を果たしました。

雪灯篭まつりの心得

きれいな雪灯りが楽しめる雪灯篭まつりは
夜が本番のため寒さとの戦いです。

ですから、服装は万全を期してくださいね!
手袋、マフラー、帽子のほか、もこもこの靴下(足裏から冷えてきます)、防水の長めの靴(長靴orスノーブーツ)、防水の上着(雪が降っていると積もって溶けてしみこみます)。バッグはファスナーつきのもの、できればショルダーバッグがいいでしょう(雪が降っていると入ってきます)。

極寒の雪国なめたらアカンです。
雪国の夜は、外見よりも防寒!自分は若いと思うべからず!

寒いの大嫌いなあんべですが、なんだかんだできっと来年も見に行くのでしょう。
案内役はよろこんで。
どうぞ冬の米沢さござってけろ。


The following two tabs change content below.
あんべ

あんべ

趣味は日陰で日向ぼっこ。置賜の昔ながらの習慣や伝統食を体得することと、外ごはんを極めることが目標。最近の悩みは顔の肉が重力に逆らえなくなってきたこと。
スポンサードリンク