いつの時代も変わらずに楽しむことができる、" 外 遊 び "
豊かな自然が身近にあるからこそできる、ちょっぴり贅沢な遊びなのかもしれません。

今回はそんな外遊びの王道である、 「ザリガニ釣り」にチャレンジしました!!
「ザリガニ釣り?子供の遊びでしょ?」…フフフ、侮るなかれ。以外に大人も夢中で楽しめる外遊びなのです。



ザリガニ釣りの準備をしよう

釣りに必要なのはこの道具だ!

・割り箸 … 1本
・たこ糸 … 1本
・スルメ ※ … 適量
 ※ 他には、煮干やサキイカなどもOK

必要な道具はたったこれだけ。ザリガニ釣りの魅力の一つは、家庭にあるもので簡単に道具を揃えられることもありますね。

必要であれば、"すくい網" もあると釣り上げた際に逃げられる心配もありません。あとは釣りあげたザリガニを入れる "バケツ" も用意ができればベスト!

①スルメをカット

餌の大きさは、5cm×1cmぐらいが良いと思います。
スルメもその大きさにカットします。

あまり小さすぎると、ザリガニはエサを掴めなくなるので、ある程度大きめにした方が良いかと思います。

②スルメに切れ込みを入れる

ここがポイント!
スルメの真ん中に少し切れ目を入れることで、水中でザリガニに強く引っ張られても、スルメが取れてしまうという嫌な思いをすることはありません。

③スルメを結ぶ

先程切れ込みを入れた所にタコ糸を挟み、あとはエサに糸をぐるぐると巻きつけ、最後に固く結びます。
ここでゆるく結んでしまうと水中で外れてしまうので、少し固めに結びましょう。

④糸を切る

糸の先をスルメに結んだら、餌から約50cmのところで糸を切り離します。
ザリガニ釣りをする場所によって、この糸の長さは変わってくるので注意してください。


⑤割り箸に結ぶ

切り離した糸の端を割り箸に結びます。
ポイントは割り箸は割らず、既に割けている所に糸を挟んでから糸を結びます。


釣竿の完成!

これでザリガニ釣り用 釣竿の完成です!
一見難しそうに見えますが、5分もかからずに出来上がります。

では出来上がった釣竿を手にザリガニ釣りへ向かいましょう!!


いざ、米沢児童会館へ!

我が地元 米沢でザリガニ釣りをするなら、やっぱりここ。米沢児童会館のお堀には、昔からザリガニがたくさんいます。

この日は日曜日ということもあり、コイやフナ釣りを楽しむ方もいれば、私と同じようにザリガニ釣りを楽しむ子供たちがいました。

実際にザリガニを釣ってみよう!

ザリガニを釣るならここを狙え!

ザリガニは警戒心の強い生き物です。そのため、普段は石と石などの隙間に隠れていることが多いです。

ですが、上から水中を覗いてみると石と石の間から、大きなハサミや顔を覗かせていることもあるので、私はそのようなザリガニを狙います。

また、姿の見えるザリガニは比較的水面に近い場所にいるので、比較的釣り上げやすいです。

①ターゲット、発見

②ターゲット、接近中

③エサをはさんだ!

いたいた!!
予想通り石の間に隠れていました。
狙うはこのザリガニです。


目の前にエサを落としてあげると、すぐ寄ってきます。
食いついてくれるかっ…?!


エサに食いつきました!
こうなればあとはこっちのもんです(笑)


④なかなかの引きの強さ

⑤ゆっくりと慎重に

キタ、キター!(゚∀゚)

気づかれない様に、そぉ~っと引き上げてみますが、なかなかの力強さ!
逆にグイグイ引かれます。


ここで焦って勢いよく引き上げてしまっては、すぐに逃げられてしまいます。

焦らずゆっくりと気づかれない様に、水面ギリギリまでジワジワと引き上げていきましょう。


水面ギリギリまで引き上げたら、一気に陸まで引き上げましょう!!
すくい網がある人は、気づかれない様に尻尾の方から網ですくいましょう。

水面からザリガニが出ると、勢いよく跳ねるので水しぶきにもご注意を!


アメリカザリガニ 獲ったどーー!!

ザリガニGETしました!

ちなみにこれは「アメリカザリガニ」という外来種のザリガニです。

アメリカザリガニというと、赤くて立派なハサミのイメージがありますが、これはまだ子供のザリガニのため、ハサミも小ぶりで色も茶色でした。


この日は約1時間で、計2匹をGET!
昔はもっと捕れたんだけどなぁ。少なくなってきているんですね。





ザリガニ釣りをしてみて

小さい頃は、なんの変哲もない植木が「秘密基地」に見えてきたり、リンゴやさくらんぼ畑が「ジャングル」に見えてきたり、男子の間ではカブトムシを飼っていることが一つのステータスだったり(笑)

大人になった今では、どうしても現実ばかり見えてきてしまいますが、風に吹かれながらゆっくりとした時間の中で、小さい頃に遊んだ遊びをしてみると、小さい頃を思い出して童心にかえりました。

だからこそ外遊びは、子供も大人も夢中になって楽しめる遊びなのかもしれません。

みなさんも置賜の豊かな自然の中での外遊び、いかがですか??


おまけ 「ザリガニって … カニ?エビ?」

ザリガニ釣りをしていて、1つ疑問が浮かんできました。

「ザリガニは、大きいハサミもあるしカニの仲間? でも姿はエビっぽいし…。 結局どっちの仲間なんだ?!」

というわけで調べてみました。

広くみれば “エビ” 。でも、ザリガニは “ザリガニ” 。

今回捕まえた "アメリカザリガニ" の分類を調べてみた。


アメリカザリガニ
エビ目>エビ亜目>ザリガニ下目>ザリガニ上科>アメリカザリガニ科>
アメリカザリガニ亜科>アメリカザリガニ属

という分類になるらしい。 … うん、これだけではわからない(笑)

そこで困ったときのウィキペディア!


 ザリガニはザリガニ下目、カニはカニ下目であり、それぞれが独立した下目である。よってザリガニはカニとは別の生物であり、カニに含まれる生物ではない
<略>
 一方でエビは「十脚目のうちカニ下目とヤドカリ下目を除いた全ての側系統群」のことである。つまりザリガニがザリガニ下目であり、カニ下目やヤドカリ下目ではない以上、ザリガニはエビに含まれる生物ということになる。

(Wikipedia ザリガニ > ザリガニとカニ・エビ より引用)

つまりザリガニは、カニかエビどちらかと言えば「エビに含まれる」というだけで、
ザリガニは「ザリガニ」 ってことですね(笑)




The following two tabs change content below.
すぎしん

すぎしん

日常のくだらないコトから "おもしゃい(おもしろい)" は生まれると思います(^^) 山形・置賜は "おもしゃい" がたくさん詰まった宝箱! 置賜を "おもしゃい" で盛り上げたいですね♪
スポンサードリンク